ページ内を移動するためのリンクです。

こんなとき

  • 健康保険の給付
  • 本人が病気やけがをしたとき
  • 家族が病気やけがをしたとき
  • 入院したときの食事
  • 自己負担が高額になったとき
  • 立て替え払いをしたとき
  • 在宅医療が受けられるとき
  • 移送費が認められるとき
  • 保険外の療養を受けるとき
  • 歯の治療を受けるとき
  • 病気やけがで仕事を休んだとき
  • 出産したとき
  • 死亡したとき
  • 公費で受けられるとき
  • 自動車事故にあったとき
  • 保険証をなくしたとき・変更が必要なとき
  • 健康保険の資格喪失後に保険証を使ったとき
現在表示しているページ
HOME
こんなとき
健康保険の給付
移送費が認められるとき

移送費が認められるとき

入院・転院するのに歩けないときに

 病気やけがの治療のため、または入院や転院しなければならないとき、医師が認めた場合で歩行することが著しく困難な場合等であれば、自動車などを利用したときの費用は現金給付としての移送費が認められています。診療を受けるための普通の通院費用は認められません。
 支給される額は、最も経済的な通常の経路および方法により、移送された費用を基準に算定された額(その額が実費を超えた場合は実費)です。基準内であれば、被保険者は移送費として、被扶養者の場合は家族移送費として全額支給されます。
 この移送費の支給を受けるには、事前(やむを得ないときは事後)に健康保険組合の承認が必要です。

移送費が認められるケース

  • ・負傷した患者が災害現場等から医療機関へ緊急に移送された場合
  • ・移動困難な患者が、症状からみて当該医療機関の設備等では十分な治療が受けられず、医師の指示により緊急に転院した場合
  • ・離島等において重篤な患者が付近の医療施設では必要な医療が受けられないため、あるいは著しく困難であるため、必要な医療の提供が受けられる最寄りの医療機関へ移送された場合 など

移送費が認められないケース

  • ・近くに十分な治療が受けられる病院があるにも関わらず、離れた病院に移送する場合
  • ・旅行先・出張先などで緊急入院し、自宅近くの病院に戻るために移送する場合
  • ・緊急入院したあと、症状が安定した頃にリハビリ目的などで他の病院へ転院する場合
  • ・退院する際に歩行ができないので移送する場合
  • ・歩行できない人が自宅から通院するためにかかった交通費

法定給付
  区 分 健康保険の給付
移送費 本 人 基準内であれば、かかった費用の10割
家族移送費 家 族 基準内であれば、かかった費用の10割

移送費が認められるときの給付・請求

 移送費の支給を受けるには、事前(やむを得ないときは事後)に健康保険組合の承認が必要です。

必要書類
【健康保険組合の承認】
移送承認申請書・移送届

【移送費の請求】
1.移送費支給申請書
2.領収書